お腹の調子が悪い ②手技 実際

さて、今日のテーマは

『お腹の調子が悪い ②手技 実際』

です。

サンテ式内臓調整について前回お話ししましたが、

実際に何をするか?を

説明したいと思います。

 

前回腹部を次の箇所に分類して指圧すると書きました。

・横隔膜

・肝臓

・胃

・小腸

・大腸

・子宮

ですね。

では、どのように指圧しているかを画像でお見せしましょう。

①横隔膜
※横隔膜は肋骨に沿って付着しているので、肋骨正面のすぐ下を押します。
 
横隔膜が硬くなると呼吸が浅くなり、身体の回復力が低下します。
②肝臓
※肝臓は人体の右側にあり、肋骨からはみ出すような形でお腹に鎮座しております。
 
軽く圧を加えて、肝臓の血行を改善させることが肝臓の機能回復に繋がります。
③胃
※胃の位置はおへそのやや右側上方。
胃の血行が悪いのはストレスにさらされている証拠。
 
胃は内臓の中でも一番精神の影響を受けやすい器官です。
④小腸
※小腸はおへそを中心としたお腹の真ん中に存在します。
 
小腸の長さは約5~7mで血液量も多い臓器です。
 
この小腸の血行不良は、全身の血行不良の元になります。
⑤大腸
※大腸は小腸の周りをぐるっと囲むように配置されていて、食物を分解させ水分を吸収します。
 
この大腸の血行が悪いと、下痢や便秘になります。
⑥子宮
※子宮は下腹部の辺りに存在します。
 
子宮に血行不良があると、生理痛・生理不順・不妊などになります。

腹部の血行を改善してお腹の調子を良くするために

あなたのお悩みを解決します!

上記のパーツを、

『良くなれ~』

と念じながら押しております!!

自律神経失調などによるお腹の不具合でお悩みの方は、

サンテ整骨院グループへどうぞ。

関連するページのご紹介

こちらのページを読んだ方には、下記のページもよく読まれています。ぜひご一読ください。

お気軽にお問合せ・ご相談ください

サンテ整骨院
092-262-0100

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せ・相談・予約

サンテ整骨院
092-262-0100

フォームは24時間受付中です。お気軽にご連絡ください。

新着情報・お知らせ

2024/6/21

ブログ「貧乏ゆすりは実は体に良い?」を公開しました。

2024/6/19

ブログ「梅雨とサンテとこむら返り」を公開しました。

2024/6/19

ブログ「寝不足が引き起こすデメリット」を公開しました。

2024/6/18

ブログ「梅雨時期の熱中症に要注意!」を公開しました。

2024/6/13

ブログ「冷房病(クーラー病)とその予防」を公開しました。

2024/6/12
2024/6/11

ブログ「腱鞘炎三ヶ条」を公開しました。

2024/6/10

ブログ「不思議な踵(かかと)の打撲症例」を公開しました。

2024/6/7

ブログ「腰痛の原因になる『仙腸関節障害』」を公開しました。

2024/6/7
2024/6/6

ブログ「夏だからこそ、油断できない『冷え性』」を公開しました。

2024/6/5
2024/6/5

ブログ「マインドフルネス-瞑想-」を公開しました。

2024/6/4
2024/5/31
2024/5/30

ブログ「こむら返りの原因と予防」を公開しました。

2024/5/29
2024/5/28

ブログ「体の歪みにストレッチポール」を公開しました。

2024/5/27

ブログ「食べ物で疲労回復!夏バテを食事で解消!」を公開しました。

2024/5/23
2024/5/20

ブログ「整骨院の交通事故治療が良い理由」を公開しました。

2024/5/16
2024/3/26

博多駅東整骨院は、2024年3月18日に同ビル(アバンダント90)内405号室に移転しました。

詳細は博多駅東整骨院LINEにてお問合せください。

2023/9/5
鶴田総院長が【楽天市場】座椅子おすすめ36選の記事監修を担当しました!
2022/08/11
サンテ整骨院グループブログ「サンテ整骨院へようこそ」はこちらから

サンテ整骨院

住所

〒812-0025 福岡市博多区店屋町2-34