手の痺れ、小指の痺れ。もしかして【ギヨン管症候群】?

こんにちは。

暑すぎず、寒すぎず、6月は過ごしやすいお天気が多いですね。 

 

最近サンテの患者さんにも数名症状が出ている、肘部管(ちゅうぶかん)症候群。

その肘部管症候群に似た症状を持つ、ギヨン管症候群についてご紹介します。

 

なんか最近、手のひらが痺れる。特に小指や薬指が痺れる。違和感がある。

といった場合はギヨン管症候群の可能性があります!

 

まず、ギヨン管とは、画像に「Guyon's canal」と示されている箇所で、手首付近にあるトンネル状の管です。

そこのトンネルで圧迫されたり、牽引されることにより痺れが出ている症状を「ギヨン管症候群」と呼んでいます。

肘部管症候群とギヨン管症候群はどちらとも小指、薬指に症状がでます。

 

ギヨン管症候群の場合は、ギヨン管周辺に痺れや知覚低下は現れません。小指と薬指の小指側半分にだけ痺れが現れます。 

ギヨン管症候群の特徴として、知覚の障害は手のひらにのみ現れます。 

そのため、手のひらにのみ知覚障害がみられたり、ギヨン管部分を叩いてみて、小指や薬指に痺れが出ると、ギヨン管症候群が疑われます。

ギヨン管症候群の治療のために

レーザー治療

ギヨン管症候群の治療は保存療法が基本となっていますが、影響している筋肉を緩めたり、圧迫をかけているところへのレーザー治療も効果的です。

サンテ整骨院ではレーザー治療も可能です。

気になる方はぜひサンテ整骨院にお問い合わせください。

お身体に不調があるとき、痛みや痺れがあるときは、いつでもお近くのサンテグループにいらしてくださいね。

関連するページのご紹介

こちらのページを読んだ方には、下記のページもよく読まれています。ぜひご一読ください。

お気軽にお問合せ・ご相談ください

サンテ整骨院
092-262-0100

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せ・相談・予約

サンテ整骨院
092-262-0100

フォームは24時間受付中です。お気軽にご連絡ください。

新着情報・お知らせ

2024/7/19

ブログ「肩に刺さるような激痛!石灰沈着性腱板炎」を公開しました。

2024/7/18
2024/7/17
2024/7/16

ブログ「盛夏到来☀熱中症にご注意を!」を公開しました。

2024/7/12

ブログ「肉離れの原因と治療 詳しく解説!」を公開しました。

2024/7/11

ブログ「家庭でできる突き指の応急処置」を公開しました。

2024/7/11

ブログ「寝ても疲れが取れないのはどうして?」を公開しました。

2024/7/10

ブログ「夏バテ対策にお勧めの本「食べ物栄養辞典」」を公開しました。

2024/7/9

ブログ「夏の隠れ〇〇に効く!女性必見の〇〇!!」を公開しました。

2024/7/9

ブログ「自動車も人間もメンテナンス」を公開しました。

2024/7/6
2024/7/5

ブログ「梅雨時期の肩こりやだるさに要注意!」を公開しました。

2024/7/4
2024/7/2

ブログ「肩こりの原因である血行不良の原因」を公開しました。

2024/6/28

ブログ「5秒 膝裏のばしですべて解決」を公開しました。

2024/6/26

ブログ「腸腰筋由来の腰痛を改善するためには?」を公開しました。

2024/6/21

ブログ「貧乏ゆすりは実は体に良い?」を公開しました。

2024/6/19

ブログ「梅雨とサンテとこむら返り」を公開しました。

2024/6/19

ブログ「寝不足が引き起こすデメリット」を公開しました。

2024/6/18

ブログ「梅雨時期の熱中症に要注意!」を公開しました。

2024/6/13

ブログ「冷房病(クーラー病)とその予防」を公開しました。

2024/6/12
2024/6/11

ブログ「腱鞘炎三ヶ条」を公開しました。

2024/6/10

ブログ「不思議な踵(かかと)の打撲症例」を公開しました。

2024/6/7

ブログ「腰痛の原因になる『仙腸関節障害』」を公開しました。

2024/3/26

博多駅東整骨院は、2024年3月18日に同ビル(アバンダント90)内405号室に移転しました。

詳細は博多駅東整骨院LINEにてお問合せください。

2023/9/5
鶴田総院長が【楽天市場】座椅子おすすめ36選の記事監修を担当しました!
2022/08/11
サンテ整骨院グループブログ「サンテ整骨院へようこそ」はこちらから

サンテ整骨院

住所

〒812-0025 福岡市博多区店屋町2-34